読み込み中…

KOOL SHAKER

Delicious cocktail to you
Matter

ニューイヤーコンサート

    ニューイヤーコンサート 2012 
 
【プログラム】
ヨハン・シュトラウスII世:喜歌劇「こうもり」序曲
ヘルメスベルガーII世:悪魔の踊り
ポンキエッリ:歌劇「ジョコンダ」より“時の踊り”
ワルトトイフェル:ワルツ「スケートをする人々」(スケーターズ・ワルツ)
ボロディン:歌劇「イーゴリ公」より“だったん人の踊り”
ヴェルディ:歌劇「リゴレット」より“女心の唄”
ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ「女心」
プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」より“誰も寝てはならぬ”
レハール:ワルツ「金と銀」、喜歌劇「微笑みの国」より“君はわが心のすべて”
ヨハン・シュトラウスII世:ワルツ「美しく青きドナウ」
 
去年は当日券が余裕だったんですが今年の当日チケットは15枚ぐらい!早めに行ったので、なんとかギリギリ並んで確保!(^_^;ゞ
指揮者:現田茂夫さん!何度も聴いてます!(^_^)
テノール:青柳素晴さん(福岡県出身)
演奏は九州交響楽団です!
1曲目はニューイヤー定番!ヨハン・シュトラウスⅡ世:『こうもり』
有名な、この曲は、仮面舞踏会でコウモリの格好をした博士の酔っ払いの姿を想像しながら聴いてます!
あとよく観てた【トム&ジェリー】でも使われてた曲です!
2曲目はヘルメス・ベルガーⅡ世:『悪魔の踊り』今年、ウィーンフィルのニューイヤーで8曲目に演奏されたそうです!タイトルより楽しそうな曲でした(^_^;
後半は、テノールで『女心の唄』♪風の中の~羽のように~♪です!他、ヨハン・シュトラウスⅡ世の弟、ヨーゼフ・シュトラウスの曲やプッチーニなど!定番中の定番で『美しく青きドナウ』が終わり、アンコールはビゼー:『ファランドール』、ララ:『グラナダ』、イタリア民謡の『オーソレミオ』でラストは、ウィーンフィルのニューイヤー〆の定番!『ラデツキー行進曲』の手拍子で今年、初のクラシックの2時間を心地よい気分で過ごせました!(ありがたいです)
 
この日は、開演まで時間があったのでアクロスの横にある【旧福岡県公会堂貴賓館】の館内を見学(¥240)! 小さい企画展??【あかり絵の世界】絵ではなく、昭和初期を思わせる懐かしい感じのジオラマみたいなのを観て、建物内の造りを拝見!長崎のグラバー邸に似た感じでした!今回、初めて入ったんですが、見学時間10分・・・(^^;でも開演まで、まだ時間が…、
とりあえず喫茶店でコーヒー飲んで、アクロスの2階の交流ギャラリーで写真展を観て、ようやく、開演20分前!で、シンフォニーホールに!
天神周辺は、時間を潰す場所が沢山あるので、時を有効に使えますね!(^_^)
 
   

   

2012年も、出来る限り、いろんな所に足を運びたいと思います!
いろんな物を見るのが好きなので!(^_^)/ではまた

今年、最初の出事でした。